ビジネスクラスの海外航空券を高品質サービスで提供するフィールアブロード

ビジネスクラス専門のフィールアブロード FeelAbroad

0120-310-548 営業時間 10:00~19:00(日曜・祝日休業)

ビジネスクラス専門の旅行会社だから出来る良質なサポートで皆様のご旅行・海外出張をお手伝いいたします

近くて安いアジア旅行!短めのお休みはタイ プーケットへ

格安航空券ビジネスクラスで行く
タイのビーチ プーケット!

「アンダマン海の真珠」と評されるタイの有名リゾート地、プーケット。
プーケットの魅力である多彩なビーチの情報を始め、旅行会社視点でおすすめするエグゼクティブ気分を味わえるホテルに、これだけは外せないといったご当地タイ料理をご紹介!
ビジネスクラスの旅は、出発空港から始まっています。ビジネスクラスを利用されれば、さまざまなストレスから一気に解消されますよ!ほんの少し奮発して、自分へのご褒美としてプチ贅沢できる!それがアジアのリゾート地へいく格安航空券「ビジネスクラス」。
タイ プーケットへの旅行には、ぜひ一度、格安ビジネスクラスをご利用なさってみてください。たまには少し贅沢して、自分にご褒美を与えてあげましょう。

自分だけの旅を作ってみましょう!

01,格安航空券ビジネスクラスで行くタイ プーケット 日本からデラックスなフライトを!優雅なリゾートライフは優雅なフライトから

格安ビジネスクラス航空券をお探しの方
思い切ってビジネスクラスに乗ってみようと思われている方へ

ビジネスクラスの旅は、出発空港から始まっています。ビジネスクラスを利用されれば、さまざまなストレスから一気に解消されます!

  • ・優先チェックイン
  • ・優先搭乗
  • ・到着地での荷物の受け取りもスムーズ
  • ・待ち時間はビジネスクラスラウンジでリラックス

長蛇の列に並び、長時間待ってやっとチェックイン、預け手荷物の重量は気にしなければならず(帰りは特にお土産で重くなるもの)、出発までの待ち時間、レストランはどこも混んでいて、空港では特に高い!搭乗も順番待ち、到着して荷物が出てくるのも時間がかかる・・・・そんなイライラがなくなるのが、ビジネスクラス!!たまには少し贅沢して、自分にご褒美をあたえてあげましょう。

成田⇔プーケット ビジネスクラス往復216,000円~!! ホリピタリティーマインドのタイ国際航空

タイ国際航空

プーケットにいくなら、やはり微笑みの国タイのフラッグキャリア、ホリピタリティーマインドのタイの航空がお勧め!「ロイヤルシルククラス」の名称で、文字通りシルクのようなスムーズな心地よさのサービスとの評価を得ています。
バンコク・スワンナプーム国際空港には、ロイヤルシルクラウンジという、アジアンテイストを取り入れたスタイリッシュなラウンジがございます。プライバシーを重視されたい方のためのセミプライベートルームや、ダイニングエリアや清潔なシャワールームなどが完備され、夜の時間帯に乗り継ぎをされるお客様にはたいへん嬉しいサービスです。「ロイヤルオーキッドスパ・ラウンジ」では、首肩マッサージおよびフットマッサージ(30分)を無料で受けることができます。タイマッサージはリラックスできることで定評がございますので、日頃の疲れを一気に癒してくれることでしょう。タイ国際航空のビジネスクラスならではのサービスです。

A380-800のシートは180度倒れるフルフラットで、プライバシーの確保も万全。ソフトな間接照明と繊細なインテリアが織りなすくつろぎの空間は、機内にいることを忘れさせてくれるほど。お食事は、洋食、タイ料理など4種類のメインディッシュより選択が可能で、ご出発の48時間前までのリクエストで、和食(松花堂弁当)やロイヤルシルククラス限定スペシャルミールをお楽しみいただくこともできます。ウェルカムシャンパンではじまるお酒のサービスは全て無料。シンハービール(タイのビール)、ワイン、ウィスキー、スコッチ、各種リキュールなども存分にお楽しみいただけます。
タイ航空でもあれば、プーケットでビーチを楽しみ、お帰りは活気あるバンコクで買い物と観光を楽しむプランも可能です。
※燃油サーチャージがなくなりました!!

もっとリーズナブルな格安ビジネス航空券なら
成田⇔プーケット ビジネスクラス往復 153,000円!! アシアナ航空(ソウル経由)

アシアナ航空

スターアライアンスメンバーのアシアナ航空は、嬉しいことにピーク時の割り増し料金設定がございません。
なんと通年で同じ料金なのです。アシアナ航空のサービスのよさとホスピタリティーの高さは定評がございます。
往復ともにソウル経由で、お帰りはソウルでの乗り継ぎ時間が少々ございますが、広いインチョン空港で、ショッピングやお食事を楽しんだり、充実したビジネスクラスラウンジで、ゆっくりお休みいただければ待ち時間もあっという間です。

何よりもコストパフォーマンスのよさが、乗り継ぎ便のデメリットを忘れさせてくれます。180度近くまでリクライニングできるシートと、広い座席感覚は、快適な空の旅をお約束いたします。
※燃油サーチャージがなくなりました!!

02,エグゼクティブな滞在をリーズナブルにご紹介お勧めのホテル

旅行会社目線おすすめホテルランキングトップ3

ラ・フローラ パトン・プーケット
2名ご利用で1泊1室:19,500円~
パトンビーチエリアの中央に位置する、56室のレジデンスタイプと11棟のプライベートプールヴィラを備えたパトン地区で唯一のブティックスタイルのオンザビーチのリゾートです。
一歩リゾートの敷地に入りますと、外の喧騒とは遮られた別世界が広がり、そのままお部屋から目の前のビーチへとアクセス出来ます。カップル等にもお薦めのラグジュアリーなブティックリゾートです。
ラ・フローラ パトン・プーケット
デワプーケット
2名ご利用で1泊1室:13,900円~
プーケット空港からわずか10分、ナイヤン国立海洋公園に隣接し、海が綺麗なアクアマリンカラーのナイヤンビーチに位置しております。34棟のプライベートプール付きヴィラと52室のレジデンス、2種類の客室タイプから、カップルやファミリーなどお客様のご旅行スタイルに合わせてお選びいただけます。もっともスダンダードな「ジュニアスイート」でも60㎡以上の広さです。
デワプーケット
アヤラ・ヒルトップス・
ブティックリゾート&スパ
2名ご利用で1泊1室:18,500円~
丘の中腹からスリンビーチを見下ろすところに位置する大人の隠れ家リゾートです。アンダマンの青い海、スリンビーチの輝く砂浜と雄大な夕日をお楽しみいただけます。リゾートは47室の優雅なブティックスタイル。マッサージ、サウナ、スチームルーム、スパ等の充実したリラクゼーション施設では、タイスマイルの優しく行き届いたサービスをご満喫ください。アヤラヒルトップスは、18歳以下の方のご滞在と、エキストラベッドのご利用をご遠慮いただいているため、カップルやハネムーンで、静かにゆっくりとご滞在いただくのに最適なリゾートです。エレガントな雰囲気と落ち着いた静けさが最大の魅力です。
マリーナ・マンダリン

03,なんといってもプーケットの魅力多彩なビーチをご紹介!!

プーケットはアンダマン海に浮かぶタイ最大の島で、広さ は南北に約50km、東西に約21km。タイ本土のパンガー県とはサラシン橋でつなっがています。 プーケットを楽しむにはなんといっても海。各ビーチにはそれぞれ特徴があります。代表的なビーチについて北から簡単にご紹介します。お好みにあわせて、ご自身にぴったりのビーチをお選びください。
リゾートは西海岸に集中しています。

  • A,マイカオビーチ
    海ガメの産卵場所でもあります
  • B,ナイヤン ビーチ
    空港近いビーチ。国立公園でもあります
  • C,バンタオビーチ
    高級ホテルが建ち並ぶビーチです
  • D,スリン・カマラビーチ
    サンセットポイントとして有名なビーチ。このエリアは最近、開発が目覚ましく、高級なヴィラが増えております
  • E,カマラビーチ
    ファンタジーというアミューズメントパークがあります
  • F,カリムビーチ
    サーフポイントです
  • G,パトンビーチ
    プーケットで最もにぎやかな、一大歓楽街で観光客が集まるビーチ。
    昼も夜もにぎやかに遊びたい方はパトンビーチに滞在されるのがお勧め
  • H,カロンビーチ
    直線的で広々した鳴き砂でも有名なビーチ。ヨーロッパからの観光客が多く、パトンよりは落ち着いています
  • I,カタ・カタノイビーチ
    マリンスポーツが楽しめるビーチです。ダイビング、シュノーケリング、サーフィン、ウインドサーフィンを楽しまれる方にお勧め
  • J,ナイハンビーチ
    夕陽がタイで最も美しいといわれる最南端のプロムテープ岬に近いビーチ。ヨットクラブがあります
  • K,ラワイビーチ
    シージプシーが住んでいます

主なビーチは上記の通りですが、観光地として特に有名で主なものがパトンビーチ、カロンビーチ、カタビーチでリゾートホテルも多いです。
初めてのプーケットでしたら、にぎやかに楽しめてグルメも満喫できるパトンビーチはいかがでしょうか。遊びには事欠きませんよ。

04,プーケットへの旅にはずせない!美味しいおすすめタイ料理

タイ料理と思い浮かぶのは、世界三大スープの一つに数えられるトムヤムクン、豚や鶏など具やスパイスの種類が豊富なグリーンカレーやイエローカレー、日本人の口にもぴったりな麺類や、タイ風焼きそばバッタイ、などが主なところでしょうか。タイ料理は辛い!というイメージが強いと思いますが、実は「甘い・辛い・酸っぱい・ちょっぱい、という4つの味と、豊富はハーブやスパイスが組み合わさって、複雑で趣きの深い味わいを作り出しているのです。タイは米の国でもあり、麺の国でもあります。街の市場や屋台、フードコートから高級レストランに至るまで、さまざまな場所で、実に多様なタイフードを、気軽に楽しむことができるのが、タイグルメの一番の魅力ではないでしょうか。タイ料理における真骨頂は、市場に並ぶ新鮮で膨大な数の食材を、美味しく食べることなのです。まさにタイは食の宝庫で、胃袋がいくつあっても足りないくらいで、食に対するタイ人のパワーと貪欲さと、熱いエネルギーを感じます。

世界三大料理の1つ!

トムヤンクン

トムヤンクンは、プーケットにきたら、絶対はずせない料理!「トム」は煮る、「ヤム」は和える、「クン」はエビ。ぷりぷりのエビが入った酸っぱくて辛いスープは、一度食べたらクセになる美味しさです。シーフード満載の「タイ風ブイヤベース」とでも申しましょうか。新鮮な川えびの頭と殻から短時間で出汁をとり、レモングラスや、エシャロット、パクチーなどのハーブを多く用い、ナンプラー、ライム、唐辛子そしてパームシュガーで味付けをするのが特徴です。辛さの中に、酸っぱさやハーブの香り、えびのだし汁が絶妙にミックスされた深い味わいが楽しめます。
様々な味わいが楽しめる

タイカレー

タイのカレーはインドカレーのようなカレー粉を使いません。日本でおなじみのレッドカレーやグリーンカレー、イエローカレーはカレーペーストを炒め、ココナッツミルクを使うので、ため、スープのようにサラサラしているのが特徴です。豊富な種類の唐辛子をベースにえび味噌やナンプラー、こぶみかんなどの調味料やハーブを使い、インドカレーとはまったく違う趣の独特のカレーになっています。一口にカレーといっても、野菜やフルーツで甘さを出すものや、海の幸やターメリックを惜しげなく使い、魚介類の旨味と強い辛さを特徴とするものなど、地方によって様々です。ナンではなく、タイ米に染み込ませて食べるのがカレーの味わいを最も引きたたせる、一般的な食し方です。

★★★ 覚えておきたいタイ料理! ★★★

ヤムウンセン
春雨を使ったサラダ。唐辛子、パクチー、レモングラス、ニンニクなどのハーブ類を細かく刻み、ナンプラー、ライム果汁、パームシュガーを加えてドレッシングが特徴です。
バッタイ
米粉のやや太目の麺を使ったタイ風焼きそば。えび、エシャロット、ニラ、もやし、干しえびなどを具材に炒め、ナンプラー、タマリンド汁、砂糖、ライム、ピーナツなどを加えて作る、屋台で気軽に食べるいわゆるB級グルメです。
タイスキ
魚貝類やつみれ、薄切り肉、野菜など豪華な食材を使い、大勢で鍋を囲んで楽しく食べる「タイ風海鮮しゃぶしゃぶ」とも言うべきタイ料理の代表的なもの。
タイスキの「スキ」は日本の「すき焼き」が語源ともいわれています。刻みニンニク、ライム、パクチー、唐辛子などの薬味を加えたタレを使うのが大きな特徴です。